着志〜ki-kokoro〜 出張着付け&着物レッスン

着付けに必要な小物

着物・帯・長襦袢・草履・バッグ以外に以下の着付け小物が必要となります。

肌着 肌着
吸湿性の良い物(サラシ・ガーゼ等)で、襟ぐりの大きい物が良い。
ワンピース式肌着 ワンピース式肌着
肌着・裾よけを一緒にしたもの。
裾よけ 裾よけ
静電気のおこらない素材が良い。
※肌着+裾よけの代わりに、ワンピース式肌着でも良い。

伊達締め 伊達締め
着崩れを防ぎ、襟元を押さえる。
左記の素材は、正絹、ポリエステルの物もある。
伊達締め 伊達締め
ゴム素材で、留める部分はマジックテープになっている。
サッシュ(金具付伊達締め) サッシュ(金具付伊達締め)
これを使うと着物の胸合わせ用の腰紐が1本省ける。
※伊達締めは、上記のどの組合せでも良いが、2本必要。

腰紐 腰紐
着物だけでも3本必要。それ以外に補整や帯結びにも使用する場合があるので、4,5本は用意。
素材は綿・正絹など。正絹がよく締まる。
腰ベルト 腰ベルト
ゴム系のベルトで、腰を締める紐の代わりに使う。
※着物を着る際の腰用の腰紐1本を、この腰ベルト1本に換えても良い。

半衿 半衿
長襦袢の衿にかける。
白・色物・柄物等があり、夏用・冬用の種類がある。
衿芯 衿芯
長襦袢に縫い付けた半衿の中に通す。
足袋 足袋
4枚こはぜと、5枚こはぜがある。
袴には、5枚こはぜを使用。
前板 前板
帯に出来るシワを防ぐ。両脇いっぱいに納まる長さ。
自分で着る際には、ゴム付が便利。
帯枕 帯枕
形・硬さ等違うものが多種類あり。
帯あげ 帯あげ
帯枕にかける。
絞り・緞子・縮緬等。
夏用・冬用の種類がある。
帯締め 帯締め
平打・丸組がある。
夏用・冬用あり。
丸組の物は、変わり帯結びの飾りに使える。
伊達衿 伊達衿(重ね衿)
長襦袢と着物の間に入れる重ね衿。
振袖・訪問着等の礼装の着物を着る時に使う。

補整小物
タオル(3、4枚程度)&腰紐(1本)、もしくは、ガーゼ&綿花等で補整小物を作りますが、以下の出来上がりの補整小物があれば、それでも可。
ただ、出来上がりの物は、自分の体系カバーに合わない場合があるので、その場合は使用できません。
補整小物 補整小物 補整小物 補整小物

※その他、変わり帯結びをする際に使用する、三重紐・後板・飾り紐等があります。
三重紐
ちょうど真ん中部分が三重のゴムになっている紐。
後板
前板と同じような物で、その半分位の大きさの物。
飾り紐
飾り紐として売られている物もありますが、
丸組の帯締めでも リボン等でもかまいません。
後板
飾り紐

Copyright © 2001-2014 ki-kokoro All rights reserved.